ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションエンジニアリング

技術文書の指導ポイント講座

部下や若手社員の文章を指導する立場の方に、指導のチェックポイントをお教えします。

部下・若手社員の作成した文書をチェックする立場の方に向けた講座です。部下・若手社員の作成した文書のチェックに際して、次のようなお悩みを解決するヒントを提供する講座となっています。

文書のチェック観点がわからない、どうチェックすればよいかわからない。
よくわからない文書なのは確かだが、何が原因なのかわからない。どう指導すればよいかわからない。
文書をチェックし、修正の指示を出したが、なかなかわかりやすい文書にならない。

お客さまの「困った!」を解決します

文章を書くのが苦手な社員。リーダー(上司)として的確に指導するにはどうしたら?

文章力を向上させる、速効性のある指導テクニックをお教えします。

わかりやすい文書を作成するにはコツがあります。「どのように直せばわかりやすくなるのか」「どのように指導すれば納得してくれるか」など、忙しい管理職の方が、効率よく適切にメンバーを指導できるよう、文章指導のノウハウをお教えします。

個人演習やワークショップで文書をチェックする作業に実際に取り組み、チェック観点や指摘の出し方を実践的に学んでいただきます。

ここがPoint!

  • 「文章を指導する」というテーマに絞っているため、「教える側の立場」でのスキルが身につきます。
  • 出張講座ですので、受講生の移動時間・費用がかかりません。

サービスの詳細

この講座の狙い

部下や若手社員を納得させる指導のテクニックを学びます。文章指導の際に理由を添えて指摘ができるようになることで、期待どおりの修正結果が得られるようになります。

講座のご案内

講座名 技術文書の指導ポイント講座
時間 1日コース(時間例:9:00〜17:00)
実施場所 お客さまのオフィス
上記以外の開催についてもご相談に応じます。
催行人数 1クラス10〜40名
催行人数についてはご相談に応じます。
カリキュラム 講座の内容は次のとおりです。
1日コースの中で、演習時間は約4時間を設けています。

■プレ演習(課題文①のチェック)

■講義と小演習

  1. 良い技術文書の条件と性質
  2. チェックの前にしておく準備
  3. チェックの手順とチェックポイント

■ワークショップ(課題文②のチェック)

:テキスト改訂により変わる場合もあります。詳しくはお問い合わせください。
費用

下記Webフォームにてお問い合わせください。

関連サービス

「新入社員や若手従業員に、ビジネス文書の書き方の基本を学ばせたい」というお客さまには!