ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションエンジニアリング

テクニカルライティング講座

企業・組織の力に直接結びつく文章作成力を養います。

企業や組織では、メール、議事録、報告書、提案書など、人に伝えるためにさまざまな文書を作成します。

  •   情報をどう整理して書けばよいのかわからない
  •   作成した文書に対して「わかりにくい」と言われる

そんな方を対象に、“伝わる”文書とはなにか、文書作成の流れとポイントをお伝えします。ライティング経験の豊富な講師が、多数の演習を交えながら教える講座です。

お客さまの「困った!」を解決します

社員にレポートを書かせたら、何が言いたいのかわからない。
こんな文章力では、顧客向けの資料作成は任せられない。

文書作成の基本的な作法を、しっかりと身につけませんか?
“文書を作る”という行為はビジネスの基本です。この講座は、前半の講義では、小演習に取り組みながら覚える、という実践的なスタイルを採用。後半の演習では、グループで作成した文書に対して講師が講評しながら丁寧に指導します。すぐに使える文書作成のテクニックが着実に身につきます。

ここがPoint!

  • 講師は、長年、マニュアルなどの技術文書を作成してきたテクニカルライターが務めます。
  • 出張講座ですので、受講生の移動時間・費用がかかりません。

サービスの詳細

この講座の狙い

  • ビジネス文書作成上の文章力マナーを養います。
    (例) 報告書、論文、日誌、週報、各種レポート、議事録、メールなどの書き方
  • わかりやすい文書を作るための考え方や手法を身につけます。

こんなときにおすすめ

  • 新人教育として…
  • 上位職昇格における論文作成の前に…
  • 自己流で文章を書いてきた方の学び直しにも…

講座のご案内

講座名 テクニカルライティング講座
時間 1日コース(時間例:9:00〜17:00)
ご要望により、半日コースの開催も可能です。
実施場所 お客さまのオフィス
上記以外の開催についてもご相談に応じます。
催行人数 1クラス10〜40名
催行人数についてはご相談に応じます。
カリキュラム 講座の内容は次のとおりです。
  • ※1日コースの中で、演習時間は約4時間を設けています。

■事前課題

■講義と小演習

  1. テクニカルライティングとは
  2. 文書の目的・テーマを明確にする
  3. 文書の読み手を想定する
  4. 情報を整理する
  5. 執筆ルールを決定する
  6. 総論から各論へ展開する
  7. パラグラフライティングを心がける
  8. わかりやすい文章を書く
  9. 推敲する

講義と演習で、準備する書く推敲するという文書作成の3プロセスをしっかり学んでいただきます。

■グループ演習

:テキスト改訂により変わる場合もあります。詳しくはお問い合わせください。

実績

  • 日立グループ会社様(8社)ほか、これまでに3,500名以上が受講(2019年1月現在)
  • 全体の約9割の方が「大変満足した」「満足した」と回答(受講者アンケート調べ)

受講者の声

文章の書き方ひとつでも、このようにたくさんの書き方やポイントがあるとは思いませんでした。

知らないことばかりだったので、とても役立つ講義でした。楽しかったです。

自分が文章を作成するときの癖に気付けたこと、その対策を学べたことがよかった。

今後の業務にとても役立つ内容の研修でした。

なんとなくこうしたほうがわかりやすいだろうと思い文章を作成してきたが、理論づけて理解することができた。

関連サービス

「リーダー(上司)として、メンバーの文章を論理的に指導したい」というお客さまには!