ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立インフォメーションエンジニアリング

否定文ではなく肯定文で表しましょう

一般的に、肯定文は否定文よりも明確で簡潔に表現できます。日本語に否定表現があっても、次の例文のようになるべく肯定文で翻訳するよう心がけましょう。

「装置の電源が入っていないことを確認してください」

誤った例
Make sure that the device is not turned on.
正しい例
Make sure that the device is turned off.

では、次の例文を見てみましょう。

「更新されていないファイルがなければ、画面を閉じてください」

誤った例
If there is no file that has not been updated, close the window.

例文は、二重否定の文章になっています。日本語で時々見かけることがありますが、こうした二重否定の文章はそのまま英訳せずに、肯定文に書き直して翻訳しましょう。そのまま翻訳すると、文法的には間違っていなくても、文意が伝わりにくい英文になってしまいます。

望ましい翻訳結果はこちらです。

正しい例
If all files have been updated, close the window.

明確さと簡潔さが求められる技術英語では、否定文ではなく肯定文をできるだけ使うようにしましょう。